柔軟な発想力、具現化技術を活かした製品づくり

開発力を支えているのは、柔軟な発想力と加工技術にあります。
生産性と品質という相反する要素を融合させるため
創業以来、積極的に設備の増強をしています。
常に新しい技術・素材を取り入れながら、現在では製品の98%が自社生産となります。
 企画・開発・製造・販売まで一貫して行なうことで
徹底した品質管理とニーズをすばやく反映できる強みがあります。

高度な設計思 想とそれを具現化する日本製CNCを用い
業界トップクラスの高精度パーツを製造

発射装置開発のノウハウをエアソフト関連パーツの開発に応用。
他社にはない斬新なシステムの提唱や、多くのオリジナルパーツを考案。
国内有数の高品質・高精度パーツメーカーとして高い評価を得ている。
「Made in JAPAN」品質を掲げ、世界中のエアソフトファンへ発信し続ける。

圧縮性流体エネルギー変換における高効率化技術を活かし
防犯用品から捜査用具まで開発

主に警察、官公庁向けに捜査用具・訓練用発射器を開発。
現在は、IOT時代に合わせた最新発射器の開発が鋭意進行中。

近年多発する自然災害に対応した災害救助グッズ等の開発など
多種多様な発射装置の製造・開発を行っている。

各種CNC自動旋盤、マシニングセンタの導入により
様々な製品の製造が可能

CNC自動旋盤4機、マシニングセンタ4機、ワイヤー放電加工機1機
それ以外にも多数の汎用工作機械などの設備を所有。
企画開発から設計、量産、販売まで当社で完結できるワンストップ体制。

国内でも数社程度のみ所有している
国産高精細3Dプリンタ “アジリスタ”

3Dプリンターを利用することで、試作品の開発・製造コストの削減や
実際の造形モデルを利用するので高い精度の検証を繰り返せます。
また、極小ロットのパーツ作成や試作などができるので、
利用頻度の少ない個人のお客様でもご利用いただけます。

株式会社ALEの要請に応じ
「人工流星源放出装置」の開発・研究に協力

これまで積み重ねてきた発射技術やその技術・発射試験場として
最適な環境を持ち合わせていることから株式会社ALEに注目してただく運びとなり
人工流れ星事業「Sky Canvas」に使用する
“人工流星源放出装置”の開発・研究に協力
2020年広島でのイベントに向け現在も開発が続いております。(2019年10月現在)