I.B.ストック モニター様レビュー記事 Vol.2

レビュー者様「千葉 浩志郎」様

【モニター製品】
■株式会社PDI:I.B.ストック(ワイヤーストックタイプ) / 東京マルイ スタンダード電動ガンM4シリーズ

【スペック】
■対応機種:東京マルイ スタンダード電動ガンM4シリーズ
■パーツ構成:ストックプレート(左右)、ストック基部、後部パッド、六角穴付ボルト、六角ナット×6
■対応バッテリーサイズ:横33.5mm×縦113mm×厚み16mmまで対応
■材質:ジュラルミン(ストックプレート、ストック基部)シリコン(後部パッド)
■表面処理:ホーニング後ブラックアルマイト処理(ストックプレート、ストック基部)

【取付加工】
■メカボックス後方配線延長加工
■ロアレシーバーバッファーチューブ基部カット加工
※対応機種に限る

【対応機種】
■東京マルイ 電動ガンスタンダードタイプ M4(M16)シリーズ
※1ハイサイクルシリーズ含む
※2生産終了は除く

M4パトリオットHC
M4 CRW
コルト M933コマンド
コルト M4A1カービン
M4 S-システム
コルト M733コマンド
ナイツSR-16 M4カービン
コルトM16A1 ベトナムバージョン
コルト M4A1 リスバージョン
コルト M16A2
※M4パトリオットHCのみ、ロアレシーバーのバッファーチューブ基部が短い為、カット加工が不要です。

【取付手順】
モニターは東京マルイの対応機種を所持していない為、テスト機のICS CXP-PELEADOR C Lightwayを使用致しました。
加工内容としては、メカボックスからの後方配線を、ジュンフロン線にてストック後部まで、十分な長さを取って引き直し。
ヒューズBOXは低背ヒューズに変更し、MOSFETの位置変更を行う事で共にレシーバー内に収めました。
ICS CS4 STOCK ADAPTORのバッファーチューブ基部を擦り合わせ調整。
東京マルイ M4ストックリングを加工しスペーサーとする事で、本モニター品の取付準備を行いました。

■用意したもの

I.B.ストック基部を取り付ける為、M4ストックリング(加工済)をスペーサーとして使い、ICSの純正ネジにて固定します。

I.B.ストックプレート片面を差し込み、配線を溝に這わせた後、もう片面を合わせて差し込み、ストック基部とストックプレートの5箇所をボルトで締めて固定します。
とてもスムーズで、ガタや引っかかりはなく、ボルトもとても気持ちよく回ります。

最後に後部パッドを被せる様に取付て完成です。

加工済であれば、分解組立はとても容易であり、組立作業は3分とかからずメンテナンス性は高いです。

 シンプル&スマートなスタイルはSIG SAUER Thin side-folding stockを模した外観形状をしておりますが、QDホールと折り畳み機構はありません。
 しかし、このデザインでバッテリー収納が可能という、他には無いスタイリッシュな特性を持っています。
 

 加工精度と仕上げ処理はさすがPDI製品!ジュラルミンのストックプレートを左右を張り合わせ、基部に固定し、各部をボルトで締めるだけで、合わせ目が全く目立たず、高い剛性を発揮しております。
 さらに隅々まで丁寧なホーニングがされており、一見無骨に見えますがとても滑らかな仕上がりです。

 仕上げのブラックアルマイト処理はマットでサラサラとした手触り。
 細身なストックながら重厚さを感じさせ、PDIの方々のこだわりと高い技術力を強く感じます。
 高精度高剛性の本モニター品は東京マルイの樹脂製ロアレシーバーよりも、強度のあるメタルレシーバーでこそ、対応品ではないものの、真価を発揮するのではないかと思いました。

 惜しむらくは、KEYENCE製3DプリンターのAGELISTAにて印刷されたシリコンパッド。
 硬度もサイズもストックパッドとしては良いのですが、恐らく染料の墨の香り(ボルオネール)が強く、何故かベタつき、更にBDU等に色移りしてしまうのです。
 様々な洗浄を試みましたが、残念ながら改善は見られませんでした。

 使用した感じは、ストック基部から後部パッドまでの長さが約290mmと、ストックとしては長い部類かと思います。
 薄型細身ながら剛性が高くバッテリー収納も可能な本モニター品。
 頬付け位置も低い為、ローマウントされた光学機器を、フェイスガード越しにシッカリ構えて覗きやすいメリットもあり、実はM4スナイパー向きなのかもしれません。

 モニターの身長が180cmと手足も長い為、構えた時のホールド感は丁度良いのですが、本体を短くしてストックパッドを体格に合わせて厚さ別で長さ調整が出来たり、チークパッドでの拡張機能等があれば、さらに多くのユーザーと活躍のシーンが増えるのではないかと思いました。

 既製品のM4ストック取付カスタムパーツを加工すれば、スケルトンストックMP5やモダナイズドAKも組めるので、さらにカスタマイズの幅が広がります。
 ネクストラE-STAGEのシリーズ展開が待てない上級者の方々は、チャレンジされてはいかがでしょうか。

 最後に、株式会社PDI様の新製品モニターキャンペーンにて、この様な機会をいただけたことに心より感謝申し上げます。

TOP